Return to site

シャレオツ・シューズで楽しむチューリップ祭り

カナダ・バンクーバー ツアーモア~Tour More~

❏このチャンスを逃すまい

今日は見事に晴れて、気温も25度!暑い!

夏だ!夏日だー!

ジャケットいらない。

靴下いらない。

バンザーイ!

 

というわけで

この晴れ&夏日のチャンスに出かけてきました。

 

Abbotsford Tulip Festival

(アボッツフォード・チューリップ・フェスティバル)

 

 

 

到着したのが午前10時半。

すでに入り口には、チケットを求める人の列が。

ちなみに駐車場&入場口は

ごろごろの砂利でした。

遠くに見えるカラフルなチューリップ畑。

チケット販売の列に並んでいる時点から

ドキがむねむねです!!

入口付近には

<バーガー&フレンチフライ>

<クレープ>

2台のフードトラックもありました。

❏まさかのアイテム購入

意気揚々と会場のチューリップ畑へ向かう途中。

売店らしき小屋で私の目に飛び込んできた文字。

「Shoe covers(靴用カバー)$2.00」

むむむ。

カバーがいるのか?!

と思いつつ、

会場から戻ってくる人の足元を見ると。。。

見事に汚れている。

おそらくこの先はぬかるみ。

足元が気になっていては

せっかくのチューリップも楽しめない!

ということで購入決定。

で、

履いてみた。

シャレオツ!!(笑)

ちょっと小馬鹿にしていたこの靴カバー。

のちに多大な恩恵を受けることになろうとは。。。

 

さ!足元も準備オッケー!

いざ、会場へ。

 

小高い丘になっている会場までは

入口から5分ほど歩きます。

 

 

着いた!見渡す限りのチューリップ♡

前も後ろも、右も左も

ぜ~~んぶ、チューリップ。

 

青空、新緑の山、

そして色とりどりのチューリップ。

 

お花の香りが風にのって

ふわっと香ります。

気分は最高潮!

❏靴カバーの結果報告

で、足元は。。。

こんな具合で、かなりぬかるんでいました。

連日の雨で、田植え前の田んぼ状態です。

ここはたけし城か?!

(わかる人にはわかる昭和ネタ)

あまりにぬかるみがひどいところは

すのこが置いてあったほど。

そんな悪路にもめげずに進めたのは

先ほどのシャレオツ・靴カバーのおかげ。

薄手ですが、かなり丈夫なつくりで

靴は一切ぬれず、中は快適に保たれていました。

 

靴カバー、あなどれません!

グッジョブ!$2の靴カバー。

ちなみにベテランさんは

長靴でご来場でした。

さすが。

でも、ほとんどの方は

普通の靴で

足元ぐしょぐしょになりながら

歩いていましたね。

ヒールなんてのは

もってのほかです。

快適足元、大事です。

ご来場の際には

長靴マスト、もしくはシャレオツ・靴カバーで。

❏行動したのは自分を喜ばせたかったから

それにしても

本当にきれいで可愛いチューリップたち。

本当に会えてよかった。

実は、今朝まで行くかどうか迷っていたんです。

 

いろいろグダグダ、言い訳しながら。

 

でも、2月から

随時、チェックしていたくらい

絶対に行きたかったイベント。

 

えい!っと勇気を振り絞りました。

 

「今でしょ?!」(古い?)

 

「行く」 or 「行かない」

どちらが自分にとって心地いいかは

自分が一番よくわかっていたんです。

 

結果

「行ってよかった。

思い切ってよかった。」

こちらのチューリップ祭りは

5月14日(日)まで開催予定とのこと。

詳しくは<こちら>からどうぞ。

 

たくさんの愛と笑顔をありがとう、チューリップ!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly